09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* thread: ジムカーナ  * janre: 車・バイク

* category: その他ジムカーナイベント

4/10開催 なんちゃって初心者ジムカーナレッスンNo.14 

2011.04.16
Sat
22:00

20110410

先週末の4月10日(日)、チーム・ナーバス主催『なんちゃって初心者ジムカーナレッスン』が、新千歳モーターランドで開催されました。本州では年数数回メーカー系のジムカーナレッスンが開催されますが、残念ながら道内では行なわれておらず、現在はJMRC北海道主催のレッスンと今回のチーム・ナーバス主催のレッスンだけ。

そんな中『なんちゃって初心者ジムカーナレッスン』は、今回で14回目。北海道地区ジムカーナ選手権に参戦しているメンバーが講師・お手伝いとして参加する初心者向けレッスンということで、ジムカーナを始めるにはうってつけのイベントとして人気も高く、ほぼ規定台数の28名の方々が参加されていました。

レッスンは『初心者向け』ということもあり、午前中は基礎練習をメインに、講師に同乗してもらいながら練習コースを複数周回します。また、練習コースと共にジムカーナならではのサイドターンを集中的に練習出来る練習場所も併設されているのも、このレッスンの特徴です。



【練習コース1,2】

春一番のジムカーナイベントということもあるので、冬タイヤから夏タイヤに交換したばかりという参加者も多い中、まずはレッスン始めのウォーミングアップということで、コース外周を利用したオーバルコースを、左右周りをそれぞれ行なう練習コース1,2から。

一見、単純にオーバルコースを左右周回する様に見えますが、左回り、右回りのコースで外周奥のコーナーが、進入から曲率が徐々にきつくなったり、逆に緩くなったりするため、それぞれでコーナーのアプローチが異なります。また手前側のパイロンを使った外周は、進入の速度や車の違い等々で如何様にでもラインが取れるため、ウォームアップとはいえ、走り始めには悩ましい部分。

やはり最初は、初めて走るコースに様子をみながら速度をなかなかのせていけなかったのが、助手席に同乗した講師からのアドバイスで、数週走るうちに見る見る走りが変わり、数周後にはタイヤのスキール音が鳴るほどの走る参加者も見られるほどでした。サーキット走行等ではなかなか出来ない、一つのコーナーを短時間で色々試して、体験できるのも基礎練習の特徴です。


【練習コース3】

次は、いよいよ島周りを使った練習コース3。

練習コース1に、地区戦のコースでも使われる通称”M字”ラインを組み込んだ基本練習です。スタートから最初に右ターンに入る時には、2速全開からのフルブレーキングが体験できます。

この”M字”ラインでは、右左と続く折り返すターン部分で曲率が大きくなってしまったりしてタイミングが遅れると、次のターンの進入が詰ってしまい、次々と苦しくなるコースです。

このため、一つ一つのターン部分でしっかりと向きを変えるのに、ハンドルの切り方から、ブレーキングや荷重移動といった色々なコツを、同乗している講師陣からレクチャーを受ける参加者の方も多かったようです。

ここで、午前中の基本練習は終了。
各コースを1回に5周程度走るので、基本練習だけでも少なくても15周以上。それに加えて、サイドターン練習もありと、午前中だけでもかなり集中的なレッスンが受けられます。




午後は、いよいよ本格的なジムカーナコースで、大会形式のタイム計測を体験します。

ジムカーナは、毎回変わるコースを2本走行し、各自の最短タイムで順位を争います。勿論、今回のレッスンでは、競争が目的ではなく、タイム計測でミスコースなく1本でもタイムを残すことが目的となります。


コースは、午前中の練習コースの外周,M字ライン,サイドターンコースを組み合わせたコース。各パートは、午前中に走りなれているものの、全てをつなぎ合わせて走りを組み立てる為に、まずは慣熟歩行を行ないます。

慣熟歩行は、タイム計測の前にコースオープンとなり、通常30~1時間程度をかけてコースに沿って歩き、コース自体を覚えるのは勿論のこと、タイム短縮の為にラインやブレーキングの位置等を考えます。

今回のレッスンでは、講師と一緒に慣熟歩行を行い、コースの覚え方から車にあわせた加減速、ライン取りの仕方などのレクチャーを受けます。




慣熟歩行を終えると、いよいよタイム計測です。スタート位置に車を並べます。



ジムカーナでは、他車と重複しないように1台ずつコースインして走行します。他車を気にせずに自分の走りに集中できる反面、前走者がコース上にいないためパイロン区間などでは、ミスコースしないように自分の記憶を頼りに走行します。

スタートに並ぶと、皆さん再度コース図を見直し、コースを再度確認してスタート!



皆さん、1本目は流石に緊張もあったのか、ミスコースされる方も多かったのですが、2本目には慣熟歩行での講師のアドバイスを参考に、しっかりコースを攻めて走られていました。




今回参加いただいた皆さんの車両も様々。その車の特徴や、改造具合により色々な走り方があるものの、1'04~1'30秒ほどのタイムで走行。そんな、皆さんの走りはジムキタの動画保管庫にアップされています。

また、ジムカーナってどんな車が参加しているのかな~、自分の車でも出られるのだろうか?と、興味がある方は参加された皆さんの走行写真が収められた、su-yanさんのアルバムの方も、是非御覧下さい!!

数台に車両トラブルがあったものの、28台の参加者の皆さんが、事故無く走行を終えることが出来ました。

走行終了後には、協賛各社や講師からの景品を賭けた恒例?のジャンケン大会で終了。レッスンの全日程が終了となりました。今回もジャンケンの法則はあったのでしょうか(笑)。


今年の春は、初心者向けジムカーナイベントとして今回のなんちゃって初心者ジムカーナレッスンが開催されましたが、同じ様な初心者向けイベントとして、秋にはJMRC北海道主催のジムカーナレッスンが予定されています。

それまでには、新千歳モーターランドさんで月1回ペースで開催されている、まる1日計測付きのジムカーナフリー走行が格安の¥5,000で楽しめる『ジムカーナ走り放題DAY』や、5/21には年間を通じて固定コースでのタイム計測を行な『PD CUP Gymkhana Challenge』が開催されます。

今回レッスンに参加された方も、残念ながら参加出来なかった方も、暖かくなってくるこれからのモータースポーツシーズン・・・

今年は、ジムカーナはじめてみませんか! 
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
この記事に対するコメント
コメントの投稿
Secret

go page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hokkaidogymkhana.blog47.fc2.com/tb.php/131-234dd471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ユーザータグ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード