05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

* thread: ジムカーナ  * janre: 車・バイク

* tag: イベント  ジムカーナ  NCML  ASP  K-car 

* category: K-car festival

10/10/17 K-car festival 2010 in 千歳ROUND3 イベントレポート 

2010.10.26
Tue
23:35

Kフェスの最終戦が終了致しました。
天気予報は本番頃に雨の予報でしたが、開始時点は『晴れ』と幸先良いスタートとなりました。

出走は全部で26台、5クラス成立。最多出走は時代の移り変わりか、ターボFFクラスで8台。NAFFとビートクラスが各6台、ターボFRとターボ4駆が各3台の出走。コースもいつものKフェスチックでは無い「ジムカーナチック」なコースで、ターボ勢で1分15~20秒位のコース設定でした。

昼のインターバル時にとうとう「雨」が降ってきた。本番前に雨自体は上がったものの、1本目はウェット決戦。
NAFF第一出走者は路面の滑りに驚き?痛恨のミスコース未遂にて失速。
ビートクラスも王者が貫録の走りでタイムを残すも、練習タイムからは、かなりのダウンでしたが、ターボFF囲選手が本日初の1分20秒切を果たし、その後T4WDクラス佐藤選手も20秒切りを達成、その直後に山内選手が15秒を切りで周囲を驚かす結果を出してきました。

2本目、路面も殆ど乾きようやく本番という感じに。
NAはトップバッタ-の川原選手が21秒3を出しターゲットタイムに。その後三浦選手21秒6、是石選手が21秒4を出し三つ巴の戦いに。阿部選手は7秒縮めるも上位には届かず。ここで指をくわえて見ていられないと、24秒台と22秒台だった地区戦経験者の左近選手熊谷選手のWエントリー組は、3本目に託しタイヤ交換を実施。

ビートクラスは王者が18秒台のターゲットタイムを出し、本多選手・加藤選手・平口選手が20~21秒台で僅差の戦いに。太田選手は痛恨のMC、佐々木選手は1本目のMCが響いたのか32秒台。

ターボFFは囲選手を小野寺選手・保里選手が19秒台を出し追う形に、荒川選手・丸山(拓)選手・田中選手が20~21秒台でひしめき合いながら戦う。

TFRは帝王?Ryo吉田選手が15秒台を叩き出して来る。長南選手・北村選手は22秒・24秒の僅差の戦いに。

T4WDは淡路選手が痛恨のMCだった為、大きなタイムUPは無く終了。

3本目、タイムダウンが続く中、低ミュー路の王者左近選手がタイヤ交換の甲斐も有り、2秒近いタイムupをするものの、トップには及ばず。そんな中、是石選手が自己ベストを約コンマ2秒縮め暫定トップに。しかし、また雨が降り出しその後タイムupはならず終了。

その後のクラスも殆ど2本目迄の結果が最終結果になりました。

今回は車両不調の為参加出来なかった、田畑選手が函館から応援に駆けつけてくれました。

細かい結果は新千歳モーターランドオートナビ北海道のHPをご覧下さい。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
この記事に対するコメント
コメントの投稿
Secret

go page top

トラックバック
トラックバックURL
→http://hokkaidogymkhana.blog47.fc2.com/tb.php/119-27ebd6d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ユーザータグ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード